Fラン大卒の海外就職

英語、カナダ生活、ウェブデザイン、学校とか趣味も

英語超初心者がするべき5ステップ

こんばんは。最近友達に超基礎的な英語を教える機会があったのでどうやったら効率的に英語超初心者を卒業できるか考えてみたので書いていきます。

英語の勉強にはライティング、リーディング、リスニング、スピーキングを分割してそれぞれ勉強する必要があります。しかし、1番最初に全ての基礎である基礎文法を頭に入れてないとどれだけたくさん練習しても伸びが悪くなります。自分的には1番大事なことは先に話すことよりも文の読解をできるようになることだと思ってます。

1.General Service Listを覚える

英語でもっとも大事なことは文法より基礎単語を覚えること。そこである程度はGSLの単語が出てきたら意味を把握できるくらいになることです。

GSLとは・・・

英国の言語学者 Michael West (1888–1973) が1953年に発表した基本単語リスト

自分おすすめのアプリQuizletで覚えれます。

2.第五文型を知る

主な形

第一文型・・・主語+動詞

第二文型・・・主語+動詞+形容詞

第三文型・・・主語+動詞+目的語

第四文型・・・主語+動詞+目的語A+目的語B

第五文型・・・主語+動詞+目的語形容詞

第一文型が主語+動詞、みたいな感じで覚える必要はないです。

とりあえず5つの形があってそれがそれぞれ上のような順番で存在してることを覚えてください。

文章で説明されているものだとわかりにくかったな(経験談)と思ったので動画で細かく説明しててわかりやすいものがあったので載せてみました。

3.簡単な文法書を読み様々な文法があることを知る。

現在完了、倒置、比較、関係詞等の存在を認知する。しかし、絶対的に覚える必要はない。

4.速読英単語初級編を使って文中の文型を判断できるようになる

Amazon-速読英単語

例えば、I like dogsの文章のIが主語で代名詞であることlikeが動詞dogsが目的語であり名詞であることを文章にアンダーラインを引いて識別する練習をし、少しでも疑問がある文を発見した際に完全に理解できるまで調べたり聞いたりする。

5.識別アンダーラインを引いた速読英単語本をひたすら音読する

音読することで脳内に英文を理解する回路ができ基礎リーディングとリスニングの力がつきます。

これができるようになってからやっと誰かと話す練習をしたり、Youtubeで動画を見てリスニングしたりできるようになると思います。

 

ってなわけで超がつくほど英語素人の人はこれを一通りやってみてください。

ではではseeya!!!!