Fラン大卒の海外就職

英語、カナダ生活、ウェブデザイン、学校とか趣味も

バンクーバー州立専門学校BCITのウェブデザインコースについて【Digital Design and Development】

f:id:sgwshu:20170713025120j:plain

こんにちは。

近況報告すると2週間前くらいにやっとBCIT(カナダ州立の専門学校)の入学英語コースから合格通知をもらい長い長い英語だけ勉強期間は終わりました。この英語のコースを落としまっくったので全然達成感はないですし、むしろ不安しか残ってないです(笑)

ってなわけでやっとメインコースなので詳細書いて行こうと思います。

場所

まずBCITのキャンパスはたくさんありますがこのコースはバーナービーキャンパスで行われてるコースです。

いや交通の便悪すぎっって感じな場所です。バスしかないしキャンパスがでかいのでラッシュ時はやばい予感しかしない。(笑)

 

Digital Design and Developmentについて

こちら学科メインページ↓

自分が取る予定のコースですね。2年間でディプロマが取れます。大まかな内容としてはビジネス、マーケティング、メディアデザイン(動画編集等)やウェブデザインを学べるコースです。

どんなクラスを取るのか↓


似てるコース(自分が迷ってたコース)にNew Media Design & Web Developmentというサティフィケートのコースもあります。それは1年間の間にウェブデザインの基礎を勉強する感じですね。ウェブだけに特化してる感じの学科です。

詳しくはこちら↓

1年だと1年のワークビザ、2年以上だと3年のワークビザが降ります。
 

なぜこれを取るか

もともと日本の大学でウェブデザインを勉強して(基礎の基礎)カナダで就職したいなと思っていました。だから、早く就職したいし、お金すごい高いんで、当初は後者であるNew media(以下省略)に行って1年の学校から降りるワークビザとワーキングホリデービザを使ってトータル2年間のビザで働こうと思ってましたが、2年の学科を卒業すると濃い内容を学べさらに3年のビザが降りると言うことでより確実に就職できると見込んでDigital Design and Development(2年コース)を選びました。

 

正直まだ迷ってる

Digital Design and Development(2年コース)にいる生徒はほとんどがカナディアンで外国人は本当に15人中、2人とか3人らしいです。その結果、先生の英語自体もローカルの人に合わせて話されることが多くあり留学生に取ってはハードルが高いみたいです。それに比べてNew media以下省略(1年コース)は留学生が占める割合が多く(それでも半分以下)先生も少し優しめの英語で話てくれるだとかどうとか...(笑)

 

1週間の体験期間がある!

1週間内トライアル期間があり、それ以内に辞めると半分以上の学費が返ってくるみたいなので1週間受けて見て本当にやばそうだったらNew media以下省略(1年コース)に変えるつもりです。

 

まとめ

とりあえず、カナダに来た目的としてはウェブ関連の仕事を使って移民することです。ワークビザが1年であろうと3年であろうと仕事をゲットして1年働けば移民申請の権利が降りるみたい。だからできるだけ短い方がいいけど1番怖いのは仕事が見つけられないことなんですよね...その学科を卒業した日本人は基本的に日本でウェブ関連の職歴があった方ばかり....自分と比べるのは少し難しい状況です。

 

でもそれ以上に難しすぎるコースがパスできなければビザすら得ることができない。そこら辺が迷いどころですね....

 

もしすごい英語力に自身がある職歴なしの大学生やフリーターの方でカナダでウェブデザイン人がいるならもちろん2年コースのディプロマをおすすめします。(笑)

反対に、IT関連の職歴がある方は1年のコースだけで結構高い確率でカナダ就職を成し遂げることができるみたい。

 

あー就職してくればよかったなぁと思う今日この頃。まぁそれでも日本だとしっかり役職が決まってなかったりするのでしっかりしたウェブのスキルを磨けたとも断定できないですけどね、、、(笑)

 

そんなこんなでCYaaaaaa!!!!!