Fラン大卒の海外就職

英語、カナダ生活、ウェブデザイン、学校とか趣味も

node.jsのアンインストール時にpkgとかbrewとかめんどくさかったので書いてく

f:id:sgwshu:20181025160138p:plain
こんにちは。今日はnpm使ってっていろいろごちゃごちゃしてきたので一層しようってことでnode.jsから全部アンインストールしたのでメモしてきます。

なにをしたかを簡単にまとめるとこちら

  • node.jsアンインストール
  • Homebrewのnodebrewを使ってバージョンコントロールしていたのをcurlを使ってダウロードして使う。

早速アンインストール

$ brew uninstall node.js

消せたっぽい...
って思って

$ node -v

をしてみるがnodeが出てくる...
なぜかと考えたところ多分公式サイトからもダウンロードしてたのかも...わからない(笑)
なので

lsbom -f -l -s -pf /var/db/receipts/org.nodejs.pkg.bom \
| while read i; do
  sudo rm /usr/local/${i}
done
sudo rm -rf /usr/local/lib/node \
     /usr/local/lib/node_modules \
     /var/db/receipts/org.nodejs.*

このコードを一行ずつ打ちます。
するとパスワード要求されたりいろいろするので進みます。
あれ?それでも消えてない...
なので今度は

$ which node

でどこにnodeがあるかを調べて
$ rm -r /usr/local/bin/node
このnodeをremoveします。

そしてこれでnpmも消しちゃいます。

$ sudo rm -rf ~/.npm

ちなみに
yoshikiito.net

ここにすごいお世話になりました。

バージョン変更とか

あとは

$ nodebrew ls-remote

で利用可能バージョンをチェックして

...
io@v3.0.0 io@v3.1.0 io@v3.2.0 io@v3.3.0 io@v3.3.1 
...
$ nodebrew ls
v10.10.0
v10.12.0

入ってるバージョンもが確認できます。

$ nodebrew install-binary latest or stable

latestもしくはstableで最新か安定してるバージョンかを選べます。
ダウンロード終わったら使うバージョンを選びます。
|

$ nodebrew use v10.12.0

これでcurrentがv10.12.0になります。

パスを通す

パスが通ってないとnodeコマンドを実行してもパスのとこまでいかないといけないので.bash_profileにパスをexportします。
|

$ echo 'export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH' >> ~/.bash_profile

できたーーーと思ったらまさかのnode -vでバージョンが出てこない....
Homebrewからのインストールだとnodeにパスが通らないことがあるみたいです?(なぜ今まで使えてたのか..w)
その際はこちらのサイトに助けてもらいました。
webdev.jp.net
簡単にまとめると

$ nodebrew uninstall v10.0.0
$ nodebrew clear v10.0.0

で今あるnodeのバージョンをすべて消して、
nodebreをアンインストール。

$ nodebrew uninstall

curlでnodebrewをダウンロードすると使えます。

$ curl -L git.io/nodebrew | perl - setup


それではSeeeeeYaaaaa!!!