sgw sgw

Fラン大卒の海外就職

英語、カナダ生活、ウェブサイト開発、学校とかいろいろ書いてます
sgw

sgw

2018年にバンクーバーの州立学校BCITを卒業してバンクーバーでコーダー兼デザイン業務みたいな仕事したあと就活兼フリーランスやって今はバンクーバーの制作会社でワードプレス中心のフロントエンドとして働いていますw

シェア物件だらけのバンクーバーでも小屋に住めば安く一人暮らしできる説

こんにちは。まさかの気づいたら2021年開けてました(笑)だいぶ書くの遅いけど2019年にバンクーバーで一人暮らししてたのでその時のことをシェアします。ちなみに今も一人暮らししてますが小屋には住んでません(笑)

歴代今まで住んでたとこの記事書いていますが一人暮らしは初でした。学校も終わって仕事も見つかったとこだったのでいろいろ悪戦苦闘して見つけ出した場所ですw

過去のバンクーバーで引っ越ししまくってた時の記事はこちら。

まぁお高いんでしょ?って思うかもしれないですが、

お値段まさかの750ドル

日本円にしてだいたい6万後半、日本だと普通〜ちょい高い。

くらいの感覚かもしれないですが、ここバンクーバーで、シェアしないで良くてこの値段はめちゃくちゃ安いです。

さてこれを見つけるまでにどのくらいの苦労があったかを説明して行きたいと思います!

どのサイトを使ったか?

基本的にやはりバンクーバーで家探しするとなると

やはり、JPカナダか

Craigslistか

バンクーバーだとそこまで主流じゃないけど、Kijiji

個人的な主観ですが、Craigslistはまぁ詐欺が多いですね。

オーナーに連絡した時に、今カナダ国内に居ないから、先にお金送って…的な感じのこと言ってきたらだいたい諦めたほうが良いです(笑)

なんのキーワードで出てくるのか?

次になんて検索すれば引っかかるか気になるとこかと思いますが一人暮らしでさらに安い物件といえば

1BR

Studio

で検索すると写真と出てきます。こんな感じ。

1BRは省略しないで言うと1 bedroom apartment。

どっちも日本で言うとこのワンルームです。Studioだったらベースメント(地下)とかもあるみたいですが。

ちなみにjpcanadaだと

一人暮らし

シェア無し

と検索するとたまーに出てきます。

契約に至る時に必要な物

基本的に一人暮らし用物件を探ししてる時はリファレンスが必要でした。リファレンスになれるのは現在働いてる会社の同僚、ボス、知人(弱いかも)、学校の先生、現在住んでる家のオーナーなど。日本ほどは厳しくないけどシェアハウス物件探してる時は聞かれませんでした。しかも、候補者がいるとオーナー独自の判断で選ばれなかったりしてこの家賃を払えたとしても見つけるに至るが難しい場合もあります。

料金システムや条件

シェアハウスと違って、基本的にしっかりと契約させられて最低1年がミニマムが多いです。友達はチェック(小切手)を1年分渡さないと住めないみたいな制度もあったみたいです。

結果、僕は小屋を見つけた

それで、仕事も見つかったばかりだったのでリファレンスとしては弱く、中々Studioで住めるようなとこが見つかりませんでした。でも最終的にJpcanadaで、”一人暮らし”と検索したところたまたまヒットして(頻繁にチェックしてるシーズンだと1年に1,2回一人暮らし物件はJpcanadaにあります)そこに見学行くことになりました。

するとそこはStudioというよりも小屋(カナディアンの友達が言うにはshed)でした。オーナーのおじいさんが元カーペンターかなにかで小屋を改造して部屋にしたみたい。でも一人暮らしに飢えてる僕にとっては神でした。住んで後々よく見ると、結構家自体が傾いてたんですが。。w

しかも小屋なので冬は寒いです。

結構高いヒーターを自分で購入して引っ越した今もそのヒーターを愛用してます(笑)時間あればレビュー書きますw

そしてローケーション的にダウンタウンに行くにはバスと電車という乗り換えが必要でした。それと家賃は700ドル台。一人暮らしできると思えばだいぶお得です。

こういう感じの部屋でした。奥にキッチンとシャワーがあって誰ともシェアせずに生活基盤全部使うことができます。

ちなみに友達が住んでるスタジオは広いのですがキッチンだけ簡易的なコンセントでつなぐコンロになってました。

まとめ

CraigslistだとちょっとしんどいけどJpCanadaで粘りまくると年に2回くらい(僕の検証)で一人暮らしできて1000ドル以下物件があります。がんばってみる価値はあるかもしれない!!

ってことでSeeeeeYaaaaaaa!!!!!

ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!

この記事が気にったらいいね!して下さい

SNSでsgwをフォローしよう!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です