sgw sgw

Fラン大卒の海外就職

英語、カナダ生活、ウェブサイト開発、学校とかいろいろ書いてます
sgw

sgw

2018年にバンクーバーの州立学校BCITを卒業してバンクーバーでコーダー兼デザイン業務みたいな仕事したあと就活兼フリーランスやって今はバンクーバーの制作会社でワードプレス中心のフロントエンドとして働いていますw

バンクーバーで免許不要の原付もどき、eBikeに乗ってた時の話

こんちゃっす。だいぶ寒くなって来ましたがバンクーバー今年は雪も少なく暖冬みたいです。今日は少し前に乗ってたバンクーバーで乗れるeBikeの話をしたいと思います。

結構前ですが、この頃から興味あってお金に余裕がある時に買ってみました。僕が買ったのはこちら。(ちなみに今は普通の原付きに乗ってますw)

夏乗ると景色見ながらのんびり走れます(笑)

前回の記事で述べてるようにこの乗り物は自転車と同じ扱いなので免許はいらないです。ただやはり電動自転車的な物なので個体差はあるかもしれないですが僕のebikeは20キロくらいが最大でした。坂道とか遅すぎて歩いたほうがマシな時もありました(笑)通勤通学で中距離を走るのは結構しんどいと思います。

充電して走ります

3時間から5時間くらいは充電しないとダメでした。なので寝る前とかにはセットしないといけません。それと長らく乗ってるとバッテリー自体もダメになるのでその交換コストもかかってきます。

どこで買える

ネットで

craigslistで “electric scooter” と検索すると見つけれます。

僕は新品をお店で買いました。craigslistだと電池交換などしないといけないジャンク品とか多くてしんどそうです。

お店で買う

僕はcraigslistで探した結果ジャンクが多すぎたので結局バイク屋に行きました。基本モーターバイクを置いてるとこにはeBikeも売ってるみたいです。

Sinclairs Motorsports Wholesale

外観はこんな感じ。

4輪バギーみたいなのがたくさんありました。

メリットとデメリット

メリット

  • ヘルメットが自転車のやつでいける
  • 免許不要
  • パーキング無料(自転車と同じ扱い)
  • 自転車と比べると早い
  • ダウンタウン住みとかだと結構便利かも(チャリと同じ感覚)
  • 電池切れても最悪ペダルある

デメリット

  • 原付な感じで乗っちゃうと遅い
  • 結構高い
  • 充電が必要
  • 電池が切れたらペダルを漕ぐことになるんですがめちゃ重い

まとめ

これ買った時期は日本で言うとこの原付きって言う存在がカナダにあって日本と同じように普通免許で乗れるって知らなかったのでこっち買っちゃったんですよね。原付きに乗るって意図ではなく自転車が欲しい、なおかつ、カナダにしかないペダル付き原チャに乗ってみたいって人はアリかもしれないです(笑)

それではSee Yaaaaaaa!!!!

この記事が気にったらいいね!して下さい

SNSでsgwをフォローしよう!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です