sgw sgw

Fラン大卒の海外就職

英語、カナダ生活、ウェブサイト開発、学校とかいろいろ書いてます
sgw

sgw

2018年にバンクーバーの州立学校BCITを卒業してバンクーバーでコーダー兼デザイン業務みたいな仕事したあと就活兼フリーランスやって今はバンクーバーの制作会社でワードプレス中心のフロントエンドとして働いていますw

ウェブサイト作りにする重宝する!unsampleで関係性の高い素材画像を枚数指定してまとめてゲットする方法

こんばんは、本日バンクーバーカナダ日曜日の夕方です。明日から仕事と思うとサザエさん症候群(笑) ってことで今日はウェブサイト作りに欠かせない画像を、枚数、サイズの指定、種類(動物とか景色とか)を自由に指定してダウンロードできるサイトを見つけたのでシェアしようと思います。

Unsample

サイトはこちらです。 unsplashから派生したサイトみたいで画像はunsplashの画像になります。このサイトの画像は商用で使えるのでその辺は気にせずダウンロードできます。 f:id:sgwshu:20190513155720p:plain

やり方

サイトに行って、シンプルに設定して行くだけです。 項目ごとに日本語と説明を追加すると
  • Count・・・ 枚数
  • Width・・・ 横幅
  • Height・・・高さ
  • Quality・・・画質
  • Username・・・画像投稿者のユーザーネーム
  • Collection ID・・・unsplashのAPIを使う時に出てくるID
unsplashAPIの詳細についてはこちらにありました。javascriptとか詳しい人は使えます。
  • Terms・・・キーワード(houseにすると家の画像だけダウンロードできます)
  • Orientation・・・画像の向き(landscapeが横向き画像、portraitが縦、squarishは上下均等です)
  • Only featured photos・・・unsplashにfeatured imageとして登録されてる画像が出てきます。綺麗に取れてる写真だとそれに該当するみたいです。
  • UTM parameters・・・基本的にSourceでunsampleしか選べないみたいなのでここはデフォルトのままで大丈夫だと思います。
一番下のSAMPLELESSES!をクリックするとダウンロードされます! f:id:sgwshu:20190513155750p:plain あとはzip解凍して使っちゃいましょう。 それではSee Yaaaaaaaaaaaa!!!!!!!!

この記事が気にったらいいね!して下さい

SNSでsgwをフォローしよう!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です