こんにちは。こちらカナダ14日の水曜日です。今日は自分が通ってるBCITという学校について書いて行こうと思います。BCITを略さないで言うと、

British Columbia Institute of Technology です。(長い…)

ちなみにバンクーバーで有名(おそらくバンクーバーのみ)で90パーセント近くの就職率を誇ってるらしいけどめっちゃ難しくて途中でやめる人が多いらしい。Fラン卒の自分には相当高い壁になりそうだけどがんばってみようと思う。って言ってもまだ本科に行けてないという現実ですが…..。

自分が今取ってる英語のコースに関してはこちらから

BCITとは

カナダにある州立の実践型専門学校的なところ。キャンパスは自分の行ったことあるとこではバンクーバーのダウンタウンとバーナビーにあります。噂によるととりあえず難しいらしい。遊ぶ時間とかないとか…。専攻できる科目ですが、整備士系(車、飛行機)、パソコン系(プログラマ、ウェブデザインとか)、ビジネス系(会計士とか?)がある。

まあ、数え切れないくらいあるので興味のある方は調べてみてください。それと、日本の高校と同じような朝から晩までのスケジュールで組まれたフルタイムと、選んで週に何回か取るパートタイムのコースがあります。卒業後はポストグラジュエートビザが下りてカナダで就職することができるようになります。なので、外国人に取っては王道カナダ移民の窓口的存在になってるみたいです。

メリット

  • カナダで就職できて1年ほど就職するとそのまま移民申請可能になる
  • 卒業できたらカナダで働ける即戦力が身につく
  • カナダ人の友達とか先生とのコネ(カナダの就活はコネで決まることが多いらしい!)

デメリット

  • 学費クソ高い(外国人はカナダ人の倍)
  • 課題が超多いし難しい
  • 1つでも落としたらパートタイム取って、金払って取り直さないといけない(コースによる)
  • 英語力が他の私立の学校よりも必要

求められる英語力

ってなわけで一応いろいろ書いたんですが現在自分はまだ求められてる英語力に達してないのでこの学校のインターナショナル生徒が取るコースをとってるんですねー。

超長いことこのコース取ってますよ….(笑)

大まかに

  • ISEPの卒業(規定のパーセントとレベル)
  • カナダの高校を卒業と同時にEnglish12と言う単位を取る
  • TOEFL IELTSのハイスコア
  • 指定のESLコースを卒業

ってなとこですね。最初IELTSで狙ってたんですけどいろいろあって変えました。

それもあって長々と英語勉強しないといけなくなったとも言えます。(笑)

詳しくはこのサイトに載ってます。

BCITで必要な英語力を確認する

上のサイトにアクセスすると下のような画面になると思います。

そこからスクロールダウンしていきます。

Options for demonstrating your proficiency in English までスクロールダウンします。

自分が行きたいページを検索します。僕の場合はNew media and Web Developmentです。(グーグルで検索しても出てきます。)右側のProgram Entryをクリック。

English requirementsの下にEnglish 12 (67%)と言う文字が見えると思います。これがこのプログラムで必要な英語力です。

先ほどのページに戻ります。そしてISEP(BCIT入学プログラム)をクリック。

リストの真ん中にさっきプログラムページで確認したパーセントが表示されます。そして You need this mark in ISEP が合格が必要なレベルになります。この場合だとEnsligh6 が67%必要なのでISEPでレベル6(一番高い)を60パーセントで合格する必要があります。

また少しスクロールダウンさせるとInter national English Language Testing System IELTS があります。IELTSの場合はこれをクリック。

先ほどと同じように67%で必要なポイントがIELTSのOverAll 6.5となっていますのでIELTSで平均6.5を取る必要があります。

もしBCITに行きたいと思ってる方がいればどのくらいの目安で英語力が必要なのか確認することができます。それではまた、Seee Yaaaaa!!!!