こんばんは。IELTS6.5に届かなかったsgwです(笑)

ってなわけで5月からカナダに戻らないといけないけど前にカナダに行った時はエージェントとは留学前にいろいろしてもらったのですが、ISEPが始まってから音信不通で……なんとも連絡し難いと言う雰囲気….なので全部自分で準備してから行きます。

今度留学するって人に参考になったらなーと思います。

留学エージェントについての自分の意見

留学エージェントには2通りあります

国内エージェント

日本に拠点を置いており留学をしようとしてる人たちをいろいろな面でサポートしてくれます。例えば留学前英会話クラス開いたりしてくれるとか。

正直に言うとこの手のエージェントはぼったくりです(笑)ESLに行ってる時数人、この手のエージェントを使ってたみたいで値段を聞いた時に高額でびっくりしました。

使ったことないのでわかりませんがすべてにおいて賃金が発生するみたい。さすがにネット社会なのでこの様なエージェントは減りつつあるみたいです。

国外エージェント

国外に拠点を置いていて主に留学している人のお世話をしてくれます。

日本在住時のお手伝いはビザの発行手伝い等です。基本的にスカイプや、メールなどで教えてくれます。オプションとして空港出迎え、ホームステイ先の手配等です。初めて行く人はいろいろわからないことだらけだと思うので使う価値はあるかと思います。値段も国内のエージェントよりは安いかも。

国外エージェントのオプション
  • 空港お迎え、お見送り
  • ホームステイの紹介

この2つが主に使えるサービスではないかと思います。

しかし、半端じゃないくらい荷物が多いなら荷物を運ぶ点では有効ですが、道がわからないと言う不安はGoogleマップが秒で解決してくれます(笑)要は英語力なくてもググればどうにかなる時代です。

ホームステイに関しては、自分の経験上、最低1ヶ月、最高2ヶ月程度はエージェントに頼ってステイ先を準備してもらい契約してもいいとは思います。

しかし、それ以上留学前に契約するのは危険です。なぜかと言うと、ホームステイ先が運悪く、合わないとか性格悪いとかになると、先払いなのでキャンセルが効かない時があります。

反対に、めっちゃくちゃいい家だったらあとで滞在日数を伸ばすことができる場合が多いので最初は短期契約すべきかと思います。

家探し

今回はカナダ全土、特にバンクーバーとトロントでよく使われてるJpCanadaの掲示板で家を探しました。

JpCanada

これまた、バンクーバに拠点を置くエージェントの掲示板なんですけどね。

なぜカナダ人が使うCraigslistとかじゃないのかと言うと単純に日本人のルームメイトの方が静かだったことが多かったのでって理由です(笑)って言っても新しい家にはイギリス人いるみたい。

カナダ、バンクーバーのCraigslistです。

Craigslist

聞いた話によると旅行してるからデポジットだけオンラインで払ってみたいな詐欺とかデポジットを払ったらオーナーが消えたとかいろいろ詐欺もあるみたい。

まぁどちらも絶対的信用はないんですけどね、掲示板だし。

ちなみに、投稿されてる家にメッセージ送りまくったんですが日本からだと

  • デポジットが直接払えない
  • 安心できない

みたいな理由で断られることが多かったです。

今回たまたま、家探してますってことで自発的に書き込んだらすごい良物件舞い込んで来たのでラッキーでした。スカイプを通して室内を見学しました。

結果として、日本から探すのは少し難しくなるので最初の1ヶ月2ヶ月はホームステイする方がいいのかもしれません。

保険

有名どころだとAIUになりますよね。けど、どちらかと言うとあれは短期留学とか旅行目的のものみたいなので帰ってくる前提らしいです。しかも結構高いです。まぁその分保証はしっかりしてる上に全くのキャッシュレスで病院にいけます。

あ、けどBCITでは受け付けてもらえませんでした。よくわからなかったですけどカナダの保険会社なら大丈夫みたい(笑)それとAIUなどの保険は日本国外からは申請できません。

ってなわけで前にISEPにいた時に使ってた保険を紹介します。

Guard.me

この保険はカナダ全土で使えます。

診察費はカードを持って行くだけで保険会社が払ってくれるんですけど薬局で薬もらわないといけないってなるとオンライン、もしくは請求書を英語で書いて会社に送らないといけないのですごいめんどくさいです。ちなみに、機会があれば請求方法を覚えてる限りブログに書いていきます。

今回は日本語対応のBIISに入ろうかと思ってます。

BIIS

カナダ国内にオフィスがありバンクーバーとトロントでサービスを受けることができます。

メールも日本語ですべて返ってくるので英語が不安な人にとっては安心できるかと思います。

日本からでも契約できるので今回はこれにチャレンジしてみます。

詳しく書かれてるサイトがあったので載せておきます。

そんな感じですね。今からは夏と冬用の服を買う準備もあるのでその辺更新できたらいいと思います。ではでは、See Yaaaaaaa!!!!

英語の勉強におすすめ参考書