こんにちは、仕事が始まってなかなか帰って来てブログモチベーションが上がらないsgwですが、がんばっていきます。今日はバンクーバーで人気のカーシェアリング会社、Evo Car ShareCar2Goを比較してみようと思います。

カーシェアリングとは

カーシェアと聞くと日本では持ってる車を他人に貸す借りると言ったシェアが一般的かもしれないですが、カナダバンクーバーのケースだとタクシーみたいな感覚で、スマホのアプリで車を検索して、もし自分のいる場所に近いところにサービスとして提供されてる車が停車してあれば、そこへ向かいそのまま乗り込めるってわけですね。実際にはいくつかバンクーバーにカーシェアの会社はあるのですが1番有名どころの2つ、EvoとCar2goを比較して行こうと思います。

Car2Go


ドイツで生まれた会社でそこからヨーロッパや、中国、そして北米で使われてる、有名なカーシェア王道の会社。

Evo Car Share


バンクーバーで生まれ、現在はバンクーバー中心で今後はBC州全体に広がっていくのではないかと思われてます。

登録に必要なもの

  • BC州の免許書(car2goでは国際免許書でも可能、けどevoはソース見つけれなかった)
  • 携帯電話番号
  • メールアドレス

があればなんと登録できます。

基本料金比較

基本的にはどちらとも時間で換算されるみたいなのでドライブ開始したらモタモタせずすぐに出発しましょうw

プラン(日本円はおおよそです)

Car2Goの場合は車種によって値段が変わります。

会社 1分 1時間 3時間 6時間 1日 2日 3日
Car2Go $0.32(32円) $13.00(1300円) $35.00(3500円) $49.00(4900円) $69.00(6900円) $129.00(12900円) $179.00(17900円)
Car2Go ベンツ $0.45(45円) $17.00(1700円) $45.00(4500円) $69.00(6900円) $99.00(9900円) $179.00(17900円) $249.00(24900円)
Evo $0.41(41円) $14.99(1499円) $89.99(8999円)

入会の際や今後必要なお金

会社 入会費 年間費(保険) 予約15分以上 DPF(運転の際に毎回必要)
Car2Go $5(500円) $5(500円) $2(200円) $1(100円)
Evo $35.00(3500円) $2(200円)

DPFは追加の保険のようなものです(1年内に90回以上car2goを使うと91回目からは払わなくてもよくなります)
英語記載になりますがこちらに詳しく書いてあります。

Car2goで乗れる主な車

f:id:sgwshu:20190407094305j:plain

f:id:sgwshu:20190407094324j:plainCar2goに関してはベンツとあるように違う種類の車にも乗れるのでここでいろいろチェックして見てください。

Evoで乗れる車

f:id:sgwshu:20190407094310j:plain

f:id:sgwshu:20190407094317j:plain

2つの会社のメリットとデメリット

Car2Go

メリット
  • 1番小さい車が約10セント近く安い
  • 小さい車はあまりカナダの多くな車に慣れてなくても簡単に運転できる
  • 上記にあるようにEvoと違い毎回追加保険料のようなものが1ドルかかる(90回まで/毎年)
デメリット
  • 小さい車で事故ったらやばそう
  • 物があまり運べない

Evo

メリット
  • Car2goもEvoもバンクーバーエリア内だけでしか原則使えないが、Evoに関してはGrouse mountainなど郊外の場所に特別に無料パーキング場がある
  • スノボ、スキー、自転車などが運べるラックが上部についている
デメリット
  • 日本で軽自動車だけしか乗ってなかった人にはしんどい(僕)
  • 入会費が高い

まとめ

結果的にトータルで言うとEvoの方が安くなりそう(入会費だけ高い)。荷物も載せれるしエリアも広くて便利です。でも普通サイズの乗用車に慣れない人はCar2goが簡単かと思いました。どちらも使ってるのですが、今はCar2goに乗ることが多いです(ビビりなのでwww)もっと右側道路、縦列駐車に慣れたらEvo一択ですねw

それではSee Yaaaaaaaa!!!!!