こんにちは、とてつもなくいろいろあったのでブログ更新できてませんでした。ブログもワードプレスに移行しました(笑)今回こそ毎日更新をがんばれたらなと(笑)それと久々ついでに、BCIT卒業後のことをあまり書けてなかったのでまとめて書いていこうと思います。

BCITの卒業後

こちらの記事にもあるように、インターンシップ先があまり良くなくそこから正社員で就職にはいたりませんでした。卒業した日から3ヶ月間は学生ビザでカナダに在住できるのでしっかりした就職先を見つけるために2ヶ月間はワードプレスとReactを勉強してました(React全然ダメっすw)。2ヶ月後ビザ申請の時にまさかの運良く2年のポストグラジューエトビザ(ワークビザ)をゲットさらにその次の日、面接した日系一般企業にて就職が決まったのでそこでウェブサイト作ったり、いろいろデザインしてました。

6ヶ月働いたけどやめた

日本ではやってはいけないであろう6ヶ月で退職w

まぁシンプルに理由がいくつかあって

  • 一般企業だったのでウェブ担当が1人しかおらず開発者としての、成長見込みが少なかった
  • ウェブサイトを複数作ったのですが、その後少しデザイン系のことはあったが後半あんまりすることがなくなった
  • BC州(バンクーバー)の最低賃金で働いていた(BC州の一般的なウェブデザイナーの平均収入との、差がありすぎるので移民申請時に条件を満たしていても落とされてしまう可能性があると聞いて給料をあげてもらおうと思ったが不可能だった)
  • ポスグラ長くもらえたしやめても、いけそうな気がした(どこに?w)

と言ったところですね。

給料があまりに低いと移民できない恐れあり

僕が移民申請の際に使おうとしてるプロセス(たくさんあるので近々記事書きます)がエクスプレスエントリーのカナディアンエクスペリエンスというものなのですが条件をめちゃくちゃシンプルにまとめると下記のようになります。

  • 一定の英語力
  • カナダで1年以上同じポジションで(例えばウェブデザイナーとして)職歴がある

でこのある一定の業種にウェブデザイナーが入ってるのでウェブデザイナー(開発者も一緒)として1年働いたらPRの申請許可はおりるよって話です。

ただビザコンサルやPR申請した友達の情報によると、政府や州のウェブサイトに記載はされてないがあまりにも給料がウェブデザイナーとして平均値より低い場合、嘘の申請ではないかと判断されて申請を落とされる場合があるらしい。(事実、落とされた実例がある)

1年無駄になってしまう!!wwww

って思ったのでしっかりとしたビザコンサルに聞いたところ未経験であれば最初の給料が低いのはあたり前でその後賃金の上昇が見られれば嘘の申請とはならない可能性が高いと教えてもらいました。

要は移民申請必須期間である1年の中で、最初は安くても後半である程度平均値まで稼いでないといけないってことですね。

なので、給料あげてくれ交渉したけど無理だったのでやめました(笑)

仕事をやめてから

仕事をやめてから2年ぶりくらいに日本に帰って、さらに人生初の台湾旅行に行ってきました。多分卒業後のワークパーミットが2年出てないとこんな余裕はなかった…(笑)今後台湾旅行の記事とか日本で行ったところの記事とかも書けたらと思います。

ってことで今はカナダで知り合った友達のつてでフリーランスしながら勉強してる感じですね(コネに感謝w)。なのでまた就活地獄に戻ってきました(笑)あと6ヶ月ウェブデザイナー、開発者として経験が必要です。

まだまだブログタイトルを達成するのは時間がかかりそう(正直ブログのタイトル変えたい…ww)

それではそんな感じでSeee Yaaaaです。

BCITに行く前におすすめの参考書