どうもこんにちは、今日はワードプレスでデータベース、メディア、アカウント情報すべて簡単に移行することができるプラグインDuplicatorを使って本番環境と全く同じ状態をローカル環境に簡単に作ることができる方法を紹介します。

必要なもの

Duplicator

今回行うこと

今回はsampleと言うワードプレスサイトをsample2と言うワードプレスに移動させます。

本番側(コピーする方)

わかりやすいように赤にしました。こちらをコピーしてもう1つのワードプレスで同じ状態を再現します。

テーマもデフォルトと違うやつに。

ローカル側(上書きされる方)

これは丸々デフォルトです。

test2と言う名前でユーザー登録してます。

プラグインをダウンロード

コピーする側でプラグイン > 新規追加

Duplicatorで検索。

Duplicator – wordpress migration plugin をダウンロード。

有効化します。

duplicatorを設定

Duplicatorが表示されるので、Packagesをクリック。

Create newをクリック。

そのままNextをクリック。

これもNextをクリック。

同意のやつが出てくる時があるので忘れずにチェック。

installerとarchiveをダウンロード。

ローカル側(上書きされる方)へ

先ほどダウンロードした2つのデータをコピー。そしてwp-config.phpを消す

消さないとエラーになります。

ローカル側(上書きされる方)のURLに

/installer.php

を追加。例えば sample.wp/installer.php みたいなページに行く。そしたら下記のアラートが出てくるので

Advanced > Proceed to …

をクリック。

Continueで続ける。

するとなんかとりあえず出てくるので全部右下のOK的なのをクリック。

ローカル側(上書きされる方)のデータベースの情報を入れる。基本的にローカルであれば、localとかrootとかのまま。

Admin Loginする。なんかチェックマークもあるので忘れずに。

本番側(コピーする方)のユーザーとパスワードを入力。

ログイン完了です。

プラグインがインストールできない問題

たまにプラグインがダウンロードできない時があります。そんな時は

wp-config.php
define('WP_TEMP_DIR', '/opt/bitnami/apps/wordpress/tmp’);

define('WP_TEMP_DIR', ABSPATH . 'wp-content/‘);

に変更します。すると大丈夫でした。なぜかはわからないwww

こんな感じです。最近はもともとあったワードプレス案件に新しいデザインを入れる作業をしてることが多かったのでDuplicatorすごい役に立ちました。ぜひぜひ使ってみてください。

WordPresspの設定やプラグインについての参考書